検索結果




検索結果:25 件

ローラ姫 

並び替え

名簿順)  登録順)  更新順


 

俺たちの冒険の書No.001〜ロトの血を引きし者〜[別窓]

・『ぼうけんのしょ』はプレイ日記と妄想を足して2で割ったようなお話です。
 FC版を主軸としています(プレイはWiiの復刻版のやつです)
・『だいじなもの』はED後の蛇足、オリジナル要素が多い蛇足です。
 少しSFC版の設定を借りてます。矛盾点がある場合はFC版を優先。

(俺で何人目だ?)
 そう出そうになった言葉を慌てて飲み込み、跪き定例文を言う。

「無事に倒し、この世界を平和に導くことを誓いましょう」
「では行け! 勇者アレフよ」

 一礼をして、黍を返し、旅の役に立てるものを少しばかり頂き、後方の扉を開ける。
この国の近衛兵に見送られて勇者アレフは旅立つ。
No.466 アドライ  サイトへ
形式
[ 完結 ] [ 1人称 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] 
DQ1キャラ
[ 1勇者 ] [ ローラ姫 ] 
DQ1カップリング
[ 勇者×ローラ ] 
キーワード
[ アレフ 1主 ]
DataNo:1660
登録日:2017/01/17(Tue) 22:57:24
更新日:2017/04/11(Tue) 22:12:11

わたしの理想の勇者様[別窓]

ローラは洞窟の中で待っていた。理想的な勇者の出現を。
そんな彼女の前に現れたのは……

ローラ姫救出から宿屋で一泊までのお話。

「昨夜はお楽しみでしたね」
 宿屋の下衆な言葉に、彼女は爽やかな笑みを返した。
No.1 朝来みきひさ  サイトへ
形式
[ 3人称 ] 
作品傾向
[ 友情 ] [ シリアス ] 
DQ1キャラ
[ 1勇者 ] [ ローラ姫 ] 
DataNo:1670
登録日:2017/03/13(Mon) 21:36:31
更新日:2017/03/13(Mon) 21:36:31

彷徨いし者達[別窓]

 18歳以上 

・オリジナルキャラクター、魔法、設定が多数登場しますので、原作の雰囲気を壊されたくない人にはお勧めできません。
・ドラゴンクエストの公式設定と異なる表現、定義もありますがご容赦ください。
・二次規制の為、小説家になろうからピクシブでの連載に移動しました。
URIはピクシブのものです。
3月に更新しました。
現在は「光の教団」です。

 地平線の向こうまで続く海。果てしなく青い、どこまでも広い海。
 サントフィリップ号は今日も海を行く。
 だが、今日の日の出と共に見え始めた大地が、その存在感を示し、旅の終わりをかもす。
「……島? 島が見えた。父さんに知らせなきゃ!」
 甲板で一人絵を描いていた少年――リョカ・ハイヴァニアは父の居る部屋を目指す……。
No.364 小春十三  サイトへ
形式
[ 連載中 ] [ 3人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 残酷(15禁以上) ] [ 性表現中心(15禁以上) ] 
DQ1キャラ
[ 1勇者 ] [ ローラ姫 ] [ 竜王 ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] [ サマルトリア王女 ] 
DQ4キャラ
[ クリフト ] [ ピサロ ] 
DQ5キャラ
[ 5主人公 ] [ ヘンリー ] [ 男の子 ] [ 女の子 ] [ アンディ ] 
キーワード
[ ドラクエ5 ]
DataNo:1216
登録日:2011/05/24(Tue) 22:35:29
更新日:2016/03/21(Mon) 19:21:17

冒険の書 ─アレフ─[別窓]

サイトにて公開中のDQ2小説(完結済み)の外伝及び、DQ3小説(完結済み)の続きに当たります。
DQ1主人公の冒険の旅と、『その後』の物語。

 我が一族の始祖、偉大なる勇者ロトに倣って、私は今より、これを綴ろうとしている。
 ──勇者ロト、という呼称は、始祖たる彼──本当の名をアレク・ハラヌという彼には、実に憤懣やるかたないものだろうが、私にとって、彼は先祖でありアレクであると共に、『勇者ロト』であるのにも違いなく、誰に何と思われようと、これの冒頭には、そうやって書き記しておこう、と以前から決めていたので、思う通りにさせて貰う。
No.393 海野  サイトへ
形式
[ 連載中 ] [ 1人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 心理 ] [ シリアス ] [ 切ない ] 
DQ1キャラ
[ 1勇者 ] [ ローラ姫 ] [ 竜王 ] 
DQ1カップリング
[ 勇者×ローラ ] 
DataNo:1601
登録日:2015/12/10(Thu) 23:26:12
更新日:2015/12/10(Thu) 23:26:12

希望の星[別窓]

この話は現実世界からやって来た一人の女子高校生がⅠ~Ⅸの勇者達とその仲間達と一緒に旅をする話です!(*^▽^*)
夢小説なので、名前を変えて読んで頂く事が出来ます♪
ディシディア的要素があります!
まだ連載中です!(*^ー^)ノ♪

女神ルビスにより導かれ、現実世界からやって来た一人の女子高校生がⅠ~Ⅸの勇者達とその仲間達と一緒に旅をする物語。
果たして彼等に待ち受ける大いなる運命と、彼女が知るルビスや勇者達や仲間達の優しい思いやりと愛は如何に…!?
シリアスで勇者達と甘い恋、友情冒険譚ここに始まる。
遂に第Ⅱ章堂々開幕……!
No.437 花音♪  サイトへ
形式
[ 連載中 ] [ 夢小説 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 友情 ] [ シリアス ] [ 流血多し ] 
DQ1キャラ
[ 1勇者 ] [ ローラ姫 ] [ 竜王 ] 
DQ1カップリング
[ 勇者×ローラ ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DQ3キャラ
[ 勇者・男 ] [ オルテガ ] [ バラモス ] [ ゾーマ ] 
DQ4キャラ
[ 4勇者・男 ] [ ライアン ] [ アリーナ ] [ クリフト ] [ ブライ ] [ トルネコ ] [ マーニャ ] [ ミネア ] [ ピサロ ] [ ロザリー ] [ ホイミン ] [ シンシア ] 
DQ4カップリング
[ 勇者×シンシア ] [ ピサロ×ロザリー ] 
DQ5キャラ
[ 5主人公 ] [ パパス ] [ サンチョ ] [ ピピン ] [ ビアンカ ] [ フローラ ] [ デボラ ] [ ヘンリー ] [ 男の子 ] [ 女の子 ] [ ゲマ ] [ ミルドラース ] [ 仲間モンスター ] 
DQ5カップリング
[ 主人公×ビアンカ ] [ ヘンリー×マリア ] 
DQ6キャラ
[ 6主人公 ] [ ハッサン ] [ ミレーユ ] [ バーバラ ] [ チャモロ ] [ テリー ] [ アモス ] [ ターニア ] [ ランド ] 
DQ7キャラ
[ 7主人公 ] [ マリベル ] [ キーファ ] [ ガボ ] [ メルビン ] [ アイラ ] 
DQ8キャラ
[ 8主人公 ] [ ゼシカ ] [ ククール ] [ ヤンガス ] [ トロデ ] [ ミーティア ] [ ドルマゲス ] 
DQ9キャラ
[ 9主人公・男 ] [ サンディ ] [ リッカ ] [ イザヤール ] [ エルギオス ] 
キーワード
[ ドラクエ夢小説 ]
DataNo:1562
登録日:2015/02/12(Thu) 21:46:57
更新日:2015/11/29(Sun) 21:18:58

悪霊の神々6 GROUND OF RONDARCHIA[別窓]

 15歳以上 

エロ、グロ、心情吐露のR15。
ロンダルキア洞窟発の鬱と与太と痴話からの、ロトの血を引くバーサーカー達の凍土。



この景色を見れぬ父を、哀れと思ってはならぬ。
ローレシア王子の頭上を、冷たい白が粉塵となり横薙ぎに駆けった。

戦いをその身から奪われた辛さ、私には解りません。
そんな鈍感な私でさえ、震える程の大地です。
 
陛下、この震えが届きますか。
初めて見ました。出会いました。私の戦いの大地です。

勇者の灼熱の覚悟と勇気と怒りを、静かに正面から受けて立つハーゴン


(あぁ、あぁ、姫よ。香美しい御方。初めてお会いした時から)
ローレシア王子がムーンブルク王女に初めてお会いした時とは、勿論彼女が犬の時だ。
 
「殿下、そうではありますまい」
返す言葉のサマルトリア王子も辛そうだ。しかし、言わねばならぬと凛々しかった。
まるで血の出るような痛恨のギャグ(ボケ)に対する、止血の如き渾身の突っ込みとも言える。
No.231 K  サイトへ
形式
[ 連載中 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 友情 ] [ 心理 ] [ コメディ ] [ シリアス ] [ ほのぼの ] [ 切ない ] [ 敵側 ] [ 流血多し ] [ 残酷(15禁以上) ] [ 性表現中心(15禁以上) ] 
DQ1キャラ
[ 1勇者 ] [ ローラ姫 ] [ 竜王 ] 
DQ1カップリング
[ 勇者×ローラ ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] [ サマルトリア王女 ] 
DQ3キャラ
[ 勇者・女 ] [ 武闘家・女 ] [ オルテガ ] [ カンダタ ] [ サイモン親子 ] 
キーワード
[ デルコンダル王×ムーンブルク王女 竜王×ローラ 竜王の曾孫 祠の神官 ]
DataNo:1410
登録日:2012/11/10(Sat) 23:52:27
更新日:2015/07/14(Tue) 00:02:57

長編 ドラゴンクエスト1[別窓]

 記憶を失くした青年ディルス。
 その正体は、一千人の命を奪った罪により処刑されたはずの「孤高の王」だった。
 己が犯した罪を償うために、ディルスはラルス十六世の命のもと王室に仇名さんとする不穏分子を人知れず葬り去っていた。
 手を血に染めた青年は――やがてアレフガルドを救う「英雄」となる。

(……ディルス? ……私の名前でしょうか?)
 ディルスはこれまでの記憶を一切持ち合わせてはおらず、自分が誰であるのか、ましてや名前すら覚えてはいなかった。その後、捕縛、連行されたカレは、投獄から異例の速さでラダトーム高等司法院によって処刑された。
 ディルス=カレという大罪人の人生は、そこで永遠に途絶えたはずだった。──表向きは。
No.15 Maria*  サイトへ
形式
[ 連載中 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] 
DQ1キャラ
[ 1勇者 ] [ ローラ姫 ] 
DQ1カップリング
[ 勇者×ローラ ] 
キーワード
[ ディルス ]
DataNo:1546
登録日:2014/11/30(Sun) 09:32:16
更新日:2014/11/30(Sun) 09:32:16

【1勇者ヴァレンの10の話】[別窓]

ハルカとは違った1勇者の冒険にまつわる10のSS集。ローラ姫を連れたまま旅をしています。

私は生まれた時からつい最近までの記憶がほとんど無い。
どこで生まれたのか、そもそもこの世界の住人なのかさえ分からない。
とは言え、生きていく上での知識は埋め込まれていたので、動くのには苦労しなかった。
形式
[ Blog ] [ 1人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] 
DQ1キャラ
[ 1勇者 ] [ ローラ姫 ] 
DQ1カップリング
[ 勇者×ローラ ] 
キーワード
[ 1勇者 ローラ姫 短編集 ]
DataNo:1510
登録日:2014/07/03(Thu) 00:43:36
更新日:2014/07/03(Thu) 00:43:36

DQ2 黄金の風[別窓]

また違ったDQ世界の小説。
サマルトリア王子×ムーンブルク王女中心の短編。
DQ1勇者とローラも登場してます。

デンジ王子はカイン王子とプリン王女の2人の仲を応援してくれるのは僕とローラとしても嬉しいが、それがよく暴走するのだ。「もっとくっつけ!」や、「けしからん!もっとラブラブしろ!」と叫ぶ。
「ちょっと待てよデンジ王子。プリン王女は寝込んでいるんだぞ?もっと落ち着けないのか、お前」
僕はデンジ王子の服の裾を引っ張りながら、横目で睨む。
形式
[ Blog ] [ 1人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 恋愛 ] [ ほのぼの ] 
DQ1キャラ
[ 1勇者 ] [ ローラ姫 ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DQ2カップリング
[ サマルトリア×ムーンブルク ] 
キーワード
[ サマムン サマルトリア王子 ムーンブルク王女 1勇者 ローラ姫 ]
DataNo:1460
登録日:2013/11/20(Wed) 23:52:26
更新日:2013/11/20(Wed) 23:52:26

ハルカ・クロニクル[別窓]

勇者ハルカによるローラ姫を救出し、竜王を倒すまでの冒険譚。原作の流れには乗りつつ、オリジナル要素も多いです。
なお、Pixiv掲載のため、この作品を読むためには、Pixivアカウントが必要となります。

ところが、その予感は外れた。
「おい、ハルカ、こっちへ来い」
突然、ハルカは戦士団のものではなく、城の兵士によってとある部屋に連れて行かれた。
「僕は、何か悪いことでもしたのでしょうか?」
「……それだったら牢屋行きだ。お前に特別な命令が下されたのだ」
「特別な命令?」
形式
[ 完結 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] 
DQ1キャラ
[ 1勇者 ] [ ローラ姫 ] [ 竜王 ] 
DQ1カップリング
[ 勇者×ローラ ] 
キーワード
[ 1勇者 ローラ姫 勇者×ローラ姫 オリジナル要素あり ]
DataNo:1454
登録日:2013/09/15(Sun) 23:13:26
更新日:2013/09/15(Sun) 23:13:26

1 2 3  

TOPMemberSearchTool

EventMapMailLinkTopics


Powered by AmigoDatabase
DQ Novel Union (dqnovel@yoake.org) WebMaster:MikihisaAsaki

DragonQuestは、SQUARE ENIXの商品です。当サイトは、上記会社とは一切関係ありません。

Counter