検索結果




検索結果:9 件

DQ2[悪霊の神々] 連作 

並び替え

名簿順)  登録順)  更新順


[別窓]

作品非直通  同性愛(男性)

ムーンペタでの一場面を、ムーンブルク視点とサマルトリア視点から書いています。
※サマロレ&ロレムン、三角関係が前提のPTです。

※リンク先は絵なども置いてあるメニューページです。小説は左フレームメニューの「文」のところにあります。
・ムーンブルク視点 → 犬-Side Nana
・サマルトリア視点 → 犬-Side Arthur

 嗚呼、世も末だな。庶民の子どもなんてこんなものか。
 少年が二人、道の上に転がる毛皮の塊を、足や木の枝で突き回している。よく見るとどうやらその毛皮の塊は、汚れた茶色い犬のようだった。ぐったりして、鳴く気力もないのか、されるがままになっている。
 僕はこの胸糞悪い餓鬼共を少し脅してやろうと、近づいていって声を掛けた。
「ふーん、犬か。今買ってきた剣の試し斬りに丁度いい。ちょっとどけよ、糞餓鬼共。」
No.450 三船  サイトへ
形式
[ 1人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 恋愛 ] [ 心理 ] [ シリアス ] [ ダーク ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DQ2カップリング
[ ローレシア×ムーンブルク ] [ ローレシア×サマルトリア ] 
キーワード
[ サマロレ ロレムン 三角関係 ]
DataNo:1613
登録日:2016/03/26(Sat) 23:15:41
更新日:2016/03/26(Sat) 23:15:41

リリザの宿で[別窓]

作品非直通 15歳以上 同性愛(男性)

リリザでの合流の話をローレシア視点・サマルトリア視点それぞれから書いています。サマルの性格がかなりゲスです。
※サマロレ&ロレムン、三角関係が前提のPTです。少し暴力的な表現があります。

※リンク先は絵なども置いてあるメニューページです。小説はフレーム左のメニューの「文」のところにあります。
・ローレシア視点 → リリザの宿で-Side Roy
・サマルトリア視点 → リリザの宿で-Side Arthur

 僕が一週間探し続けた男は、リリザの町の宿屋の談話室で、煙草をふかしながら椅子の上で足を組んでいた。そのあまりの体たらくに僕は一瞬我が目を疑ったが、八年前ローレシアで、僕の10歳の誕生日を祝う祭に訪れていた彼の、印象的なダークブロンドの髪や、美しい翡翠色の瞳は、見紛い様のないものだった。
「もしや君は、ローレシアのロイ王子では?いやー、さがしましたよ。」
No.450 三船  サイトへ
形式
[ 1人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 恋愛 ] [ 心理 ] [ シリアス ] [ ダーク ] [ 残酷(15禁以上) ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] 
DQ2カップリング
[ ローレシア×サマルトリア ] 
キーワード
[ サマロレ ]
DataNo:1612
登録日:2016/03/26(Sat) 23:15:28
更新日:2016/03/26(Sat) 23:15:28

悪霊の神々6 GROUND OF RONDARCHIA[別窓]

 15歳以上 

エロ、グロ、心情吐露のR15。
ロンダルキア洞窟発の鬱と与太と痴話からの、ロトの血を引くバーサーカー達の凍土。



この景色を見れぬ父を、哀れと思ってはならぬ。
ローレシア王子の頭上を、冷たい白が粉塵となり横薙ぎに駆けった。

戦いをその身から奪われた辛さ、私には解りません。
そんな鈍感な私でさえ、震える程の大地です。
 
陛下、この震えが届きますか。
初めて見ました。出会いました。私の戦いの大地です。

勇者の灼熱の覚悟と勇気と怒りを、静かに正面から受けて立つハーゴン


(あぁ、あぁ、姫よ。香美しい御方。初めてお会いした時から)
ローレシア王子がムーンブルク王女に初めてお会いした時とは、勿論彼女が犬の時だ。
 
「殿下、そうではありますまい」
返す言葉のサマルトリア王子も辛そうだ。しかし、言わねばならぬと凛々しかった。
まるで血の出るような痛恨のギャグ(ボケ)に対する、止血の如き渾身の突っ込みとも言える。
No.231 K  サイトへ
形式
[ 連載中 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 友情 ] [ 心理 ] [ コメディ ] [ シリアス ] [ ほのぼの ] [ 切ない ] [ 敵側 ] [ 流血多し ] [ 残酷(15禁以上) ] [ 性表現中心(15禁以上) ] 
DQ1キャラ
[ 1勇者 ] [ ローラ姫 ] [ 竜王 ] 
DQ1カップリング
[ 勇者×ローラ ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] [ サマルトリア王女 ] 
DQ3キャラ
[ 勇者・女 ] [ 武闘家・女 ] [ オルテガ ] [ カンダタ ] [ サイモン親子 ] 
キーワード
[ デルコンダル王×ムーンブルク王女 竜王×ローラ 竜王の曾孫 祠の神官 ]
DataNo:1410
登録日:2012/11/10(Sat) 23:52:27
更新日:2015/07/14(Tue) 00:02:57

God grant[別窓]

ゲームの世界をベースにしたオリジナルストーリーです。ローレシア寄りの内容で、オリジナルキャラも出ます。

アイリスと分断され、絶え間なく敵に襲撃されてどの位経っただろうか?
リーヴルの剣筋は時間が経過するほどに、鋭さを増しているように感じられた。
だが、彼は息一つ乱していない。
ここまで圧倒的な強さを目の当たりにすると、本来の力はどれ程なのか、と味方ながら怖くなる。
No.345 naruse  サイトへ
形式
[ 連載中 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 友情 ] [ シリアス ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] [ サマルトリア王女 ] 
DQ2カップリング
[ ローレシア×ムーンブルク ] 
キーワード
[ DQ2。 ]
DataNo:1105
登録日:2010/08/22(Sun) 20:50:45
更新日:2015/03/22(Sun) 21:32:49

竜王のひ孫と[別窓]

 竜王の城の底に潜んでいた竜王のひ孫、その実態はうぶな少女(?)であった。
 彼女の求めに応じて、ロトの子孫たちは世界を巡る。

 ぽかっ、という間抜けな音がサスケの頭から響いたのはその直後だった。
 「無礼な! 儂は女じゃっ」
 竜の首の形をした杖を振り下ろした「竜王」が、身構えを解いた高い声で宣言した。
No.328 竜王五代  サイトへ
形式
[ Blog ] [ 連載中 ] 
備考
[ 性転換あり ] 
作品傾向
[ ほのぼの ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
キーワード
[ 竜王のひ孫 サマルトリアの王子×竜王のひ孫 ]
DataNo:1051
登録日:2010/04/13(Tue) 21:46:32
更新日:2014/04/13(Sun) 21:40:57

恋愛[別窓]

ドラクエ2のクリア後シリーズの小説です。クリア後なので、オリジナル要素が強くなっています。なんでもOKの方のみ、どうぞ。
ローレシアの王子×オリキャラ、サマルトリアの王子×ムーンブルクの王女のCP要素があります。

その時期、その時期で書いてきたお題小説やリクエスト小説をシリーズとして並べたものになります。(そのため、時としてお話の主人公や視点が変わります)

タイトル及びリンク先は1作品目のものになります。

「カインの事だから、きっと大丈夫だろうと思ったけど、
 でも、でも・・・!
 こんな心臓に悪いことは辞めて・・・!」

「うん・・・ごめんね。」

「国の事も大事、私を心配してくれたことも嬉しかった。
 でも、何より私はあなたを失いたくないの!!」

「うん、ごめんね。大丈夫だよ。」

カインは震えるマリアをぎゅっと抱きしめると、
素直にマリアに謝った。
No.349 そらはち  サイトへ
形式
[ 100のお題 ] [ 1人称 ] [ 3人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 友情 ] [ 心理 ] [ シリアス ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] [ サマルトリア王女 ] 
DQ2カップリング
[ サマルトリア×ムーンブルク ] [ ローレシア×サマルトリア ] 
キーワード
[ クリア後 サマムン ロレサマ ]
DataNo:1467
登録日:2013/12/29(Sun) 17:24:42
更新日:2013/12/29(Sun) 17:24:42

小説版DQ2[別窓]

作品非直通  

yukiとくろGの共作。
どこかズレた熱血漢のローレシア王子、真面目だけどノホホンなサマルトリア王子、ほんわかなムーンブルク王女が織りなす、シリアスを装ったコメディ作品。
設定はFC版SFC版などをつまみ食いです。基本的にはゲームの展開に沿っていますが、原作での一言キャラが重要な役割を担うこともあります。

リンク先は他作品も掲載されている一覧ページです。
『小説版DQ2』の各話タイトルをクリックすると本文に飛びます。

「君を好敵手と認めて青き稲妻、ブルーライトニングと呼ぶことにするよ」
by ローレシア王子

「ボクはずっとあなたを探していたんですから」
by サマルトリア王子
No.353 yuki  サイトへ
形式
[ 連載中 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 友情 ] [ 心理 ] [ ギャグ ] [ コメディ ] [ シリアス ] [ ほのぼの ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] [ サマルトリア王女 ] 
キーワード
[ DQ2 ローレシア サマルトリア ムーンブルク ブルーライトニング コメディ ]
DataNo:1146
登録日:2010/11/21(Sun) 22:30:42
更新日:2010/11/21(Sun) 22:30:42

鋼鉄のアレフ[別窓]

 18歳以上 

最後の戦いに負け、魔物達に囚われたローレシアの王子は魔物の身体を授かり、恋人を救おうとします。*ふたなり、肉体損壊などの表現があります。閲覧の際はご注意ください

ー闇。この瞳から光を奪われてどれだけの時間が経過したのだろう。尤も、時を測る術を失った
身には既に時など意味のないことではあったが。この地下深い闇の牢獄へと囚われた時、彼はまだ幼さを十分に残す少年だった。勇者ロトの血を引きし三王家のひとり、ローレシアの王子…かつてそう呼ばれていた彼は今や息づく肉の塊として魔物達の家畜、そして生体実験の材料と化していた。
No.311 ミソカチュ  サイトへ
形式
[ 完結 ] 
備考
[ オリジナル多し ] [ 性転換あり ] 
作品傾向
[ シリアス ] [ 哀しい ] [ ダーク ] [ 流血多し ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] 
DQ2カップリング
[ ローレシア×サマルトリア ] 
キーワード
[ ローレシア サマルトリア ふたなり グロ ]
DataNo:977
登録日:2009/11/25(Wed) 08:02:50
更新日:2009/11/25(Wed) 08:02:50

トンヌラ王子の冒険[別窓]

 18歳以上 

ロトの三王家を憎むローレシア王子と、彼に囚われ陵辱を受けるサマルトリアの王子の物語。

王子の剣さばきは、確かに素晴らしかった。一点の隙もない動きにつれて翻るマント。しぶく魔物の毒血を紙一重で交わす身のこなしは、まるで流暢な舞でも見ているかのようだ。そんな彼だから、毛筋ほどの傷さえ負うはずもなくて窶披€披€薄lの回復魔法が物を言う場面などまったくといっていいほどなかった。ましてや、幻惑や炎撃魔法での援護など。
No.311 ミソカチュ  サイトへ
形式
[ Blog ] [ 完結 ] [ 1人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] [ 性転換あり ] 
作品傾向
[ シリアス ] [ ダーク ] [ 流血多し ] [ 性表現中心(15禁以上) ] 
キーワード
[ ローレシア サマルトリア ふたなり 陵辱 ]
DataNo:971
登録日:2009/11/08(Sun) 22:50:37
更新日:2009/11/08(Sun) 22:50:37

TOPMemberSearchTool

EventMapMailLinkTopics


Powered by AmigoDatabase
DQ Novel Union (dqnovel@yoake.org) WebMaster:MikihisaAsaki

DragonQuestは、SQUARE ENIXの商品です。当サイトは、上記会社とは一切関係ありません。

Counter