検索結果




検索結果:21 件

DQ11[過ぎ去りし時を求めて] 

並び替え

名簿順)  登録順)  更新順


 

ユグノア王の手記[別窓]

  同性愛(男性)

真エンディング後の世界を、過去と未来から捏造。主人公(名前はイブリース)のひとり語り。邪神を倒した後、イブリースはラムダの長老からひとつの箱を受け取る。そこには、賢者セニカから次代勇者に宛てた手紙があった。事実説明だけですが、カミュ主の婚姻表現アリ。苦手な方はご注意下さい。

 これは、私ユグノア王イブリースの手記である。
 これを読んだ者の中には、書いてある内容を信じない者もいるだろう。狂人の空想だと言う者もいるかもしれない。
 どのような受け取りかたをするか、それは読む者の判断にまかせたいと思う。
 ただ、また世界が混沌に陥ったとき、それを解決するためのなにがしかの助けとなれば、と思う。
 まずは、誰もが知り得るこの世界の歴史を、私の主観を交えて語るとしよう。
No.457 桐嶋さたか  サイトへ
形式
[ 投稿サイト ] [ 1人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ シリアス ] 
DQ11キャラ
[ 11主人公 ] 
DQ11カップリング
[ 主人公×カミュ ] 
キーワード
[ 未来捏造 過去捏造 ]
DataNo:1722
登録日:2019/05/05(Sun) 21:42:06
更新日:2019/05/05(Sun) 21:42:06

バード・オブ・パラダイス[別窓]

これは、グレイグとシルビアのソルティコ時代のようすを想像で書いたお話です。十歳の少年剣士ゴリアテの夢はパパの従者になり、やがて騎士に取り立ててもらうことでした。歌を忘れたカナリヤが極彩色の鳳凰へ育つまでの物語。

「グレイグ、お前にさっき盾を渡したのは、未来のソルティコ騎士団団長だ」
三度グレイグは驚いて、華奢な少年の後姿を眺めた。ゴリアテの足がふと止まり、首を回してこちらを見た。その唇が少女のようにふっくらとして、美しい紅色だった。
 ゴリアテの母がバンデルフォンの名花と称えられた歌姫であったと聞いたのは、それからしばらく後のことだった。
No.11 とんぼ  サイトへ
形式
[ 投稿サイト ] [ 完結 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 友情 ] 
DQ11キャラ
[ シルビア ] [ グレイグ ] 
キーワード
[ ゴリアテ ジエーゴ ]
DataNo:1716
登録日:2018/12/14(Fri) 23:10:22
更新日:2018/12/14(Fri) 23:10:22

ナイトプライド[別窓]

グレイグの目から見たシルビアの復帰イベントのお話です。舞台はプチャラオ村からソルティコまで。最初シルビアの破天荒な言動に辟易していたグレイグが、シルビアを受け入れていく過程こそ、とんぼにとってミステリでした。

 その瞬間シルビアは何かを吹っ切った。うふふ、とシルビアは笑った。
「やっと気づいたのね!いつ気づくか、ずっと待ってたのよ?」
キスをせがむように唇をとがらせシルビアはささやいた。
「……グ・レ・イ・グ♪」
No.11 とんぼ  サイトへ
形式
[ 完結 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ ほのぼの ] 
DQ11キャラ
[ 11主人公 ] [ シルビア ] [ グレイグ ] 
キーワード
[ 世助けパレード ナカマ ]
DataNo:1715
登録日:2018/12/14(Fri) 23:09:50
更新日:2018/12/14(Fri) 23:09:50

妖精たちのポルカ[別窓]

パーティが初めてメダ女を訪れたときという設定で、疑似現パロのような学園生活を書いてみました。魔物が女子生徒を襲って憑依したため、勇者一行は校内で捜索を開始します。ロウはメダル学の研究者、主人公たちは留学生、シルビアは特別講師を装っています。「三十路の教師たち」のおまけつき。

 髪に櫛を通し、リボンタイを結び上着のボタンを留め、きっちりした制服姿で教科書とノートを小脇に抱えてたイレブンと、タイなし、襟を広げ、袖口をめくりあげたカミュの二人が並んで歩いて行くのはなかなか好対照だった。制服を着崩すついでにカミュはいつもの指なしグローブをはめていた。イレブンと二人連れだと完全に優等生と不良に見えるだろうなとカミュは思った。
No.11 とんぼ  サイトへ
形式
[ 完結 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] 
DQ11キャラ
[ 11主人公 ] [ カミュ ] [ ベロニカ ] [ セーニャ ] [ シルビア ] [ マルティナ ] [ ロウ ] 
キーワード
[ メダル女学園 ]
DataNo:1713
登録日:2018/08/31(Fri) 22:02:58
更新日:2018/08/31(Fri) 22:02:58

背水の覚悟[別窓]

「ぼくはもう、諦めてもいいですか、セレン様」異変の後、最後の砦にやってきた11主は、だいぶ辛い状況だと思います。もう一人、異変後のグレイグはホメロスの裏切りに苦しんでいるようすがうかがえます。自分を“失敗者”と考えている英雄と勇者は何もかも絶望的なこの状況から、どうやって立ち上がったのか?

「危険な戦いになるだろうが、あんたらのその強さなら常闇を生む魔物を討ちたおせるさ、勇者さま。オレは信じてるぜ……」
重装兵がそう付け加えたときだった。イレブンはいきなりふりむいた。
「ヘルメットを取れ!」
必死の形相だった。
No.11 とんぼ  サイトへ
形式
[ 完結 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 切ない ] 
DQ11キャラ
[ 11主人公 ] [ グレイグ ] 
キーワード
[ 最後の砦 アバンの書 ]
DataNo:1712
登録日:2018/06/26(Tue) 06:35:15
更新日:2018/06/26(Tue) 06:35:15

ビーストモード[別窓]

ネタバレあり。「人狼ゲーム」の枠組みで語るカミュとビーストモードのお話。密室状態のシルビア号に人狼が潜り込み、夜になると一人ずつ住人を殺していきます。船内では人狼探しが始まり、疑わしい者は個室で強制的に眠らされます。村人や仲間がどんどん減っていく間、11主はずっとカミュの連携技のひとつを思っていました。

おじいさま、とイレブンはつぶやいた。
「ぼくは……」
耳の奥にこだまする高らかな遠吠え。青い獣毛。
――ビーストモードは連携技だ。スキルがなくても、発動は可能なんだ。
No.11 とんぼ  サイトへ
形式
[ 完結 ] 
作品傾向
[ 心理 ] 
DQ11キャラ
[ 11主人公 ] [ カミュ ] [ シルビア ] [ ロウ ] [ グレイグ ] 
キーワード
[ 人狼ゲーム ]
DataNo:1711
登録日:2018/05/21(Mon) 22:28:49
更新日:2018/05/21(Mon) 22:28:49

軽やかな白銀のホメロス[別窓]

  同性愛(一部)

IFホメロス。
アンソロ寄稿作品。
皆に愛されているホメロスさんと、時渡後でちょっと疑っているイレブン君のお話。

「ベロニカ、セーニャ……何か用か」
 うなるような低い声を絞り出すと、空気を読んだのか、セーニャが早口で言い放った。
「ほ、ホメロスさんは、おじさんには見えないですよ? お体はスラッとしていますし、お肌もつるつるですし……あ、あと、その黒のエプロンもピンクの三角巾もとてもよく似合っていますし、腰につけたポーチもおしゃれです!」
「セーニャ、シッ!」
 
No.10 望月三円  サイトへ
形式
[ 投稿サイト ] [ 連載中 ] 
DQ11キャラ
[ 11主人公 ] [ グレイグ ] [ ホメロス ] 
DQ11カップリング
[ グレイグ×ホメロス ] 
キーワード
[ ホメロス グレホメ ]
DataNo:1709
登録日:2018/04/09(Mon) 21:54:09
更新日:2018/04/09(Mon) 21:54:09

ユグノアの子守歌[別窓]

イレブンの心の中では実の祖父ロウと“じいじ”のテオとの葛藤があったのでは?その葛藤を解消したとき、イレブンとロウの連携技“ユグノアの子守歌”が可能になったのでは考えました。イレブンとロウと、二人を見守るマルティナはじめ仲間たちのお話です。

「エレノアさまはキミに、よく子守歌を歌っていたのよ。私、その歌が好きだった。少しもの悲しい調べなのだけれどね。その歌は、本当は続きがあるのですって。ユグノア王家に伝わる伝承で、調べと歌詞に魔力がこもっているので、戦闘中に歌えば魔物が眠るそうよ」
No.11 とんぼ  サイトへ
形式
[ 完結 ] 
作品傾向
[ 心理 ] [ 切ない ] 
DQ11キャラ
[ 11主人公 ] [ マルティナ ] [ ロウ ] 
DataNo:1703
登録日:2018/01/27(Sat) 21:43:33
更新日:2018/01/27(Sat) 21:43:33

女神の愛し子たち[別窓]

原作沿い夢連載です。やることなすこと自由気ままで仲間たちを振り回すヒロインです。のんびり楽しい話になる予定です。

誰かに看取られるでもなく、溺死か衝突による失血死あるいはショック死で死んだ。
脳裏に蘇るのは、思い出せる限りの記憶の数々だ。
楽しかった思い出も忘れたくても忘れられない思い出も、浮かんでは水飛沫とともに消えていく。
あれ? 私思ったよりも思い出少なくない?
もう少し何かあるはずだとない思い出を絞り出すべくしゃがみ込み頭を抱えた目の前で、ばっしゃあああんと盛大な音と共に水柱が上がった。
No.77 風華 凪  サイトへ
形式
[ 連載中 ] [ 夢小説 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] 
DQ11キャラ
[ 11主人公 ] [ カミュ ] 
DataNo:1698
登録日:2017/10/22(Sun) 21:54:02
更新日:2018/01/02(Tue) 22:39:20

ハッピーハミング[別窓]

ソルティコのカジノでシルビアが、ジエーゴ、グレイグ他を前に歌っているとき、招かれざる客がやってきて言いました。「ジエーゴ様、あなたには跡取りがいないはず。うちの息子を養子にしてください」こうして始まるショウタイムのお話。(性別が)女と男とシルビアと。表エンド後を推奨

「ほかに誰かいますかな?血は水よりも濃いのです」
ジエーゴの目がシルビアと合い、互いにうなずきあった。
「パストル、カイル、紹介しよう。今夜のカジノのゲストで旅芸人のシルビア」
ハイ、とシルビアは片手をあげ、顔の前で振った。十指を組んだ上に顎をのせてシルビアはパストルの顔を覗き込んだ。長い指の先がきれいに反っていた。
「お久しぶりね、パストルおじさま。アタシを覚えてる?」
No.11 とんぼ  サイトへ
形式
[ 投稿サイト ] 
作品傾向
[ ほのぼの ] 
DQ11キャラ
[ シルビア ] [ グレイグ ] 
キーワード
[ ジエーゴ 女装 ]
DataNo:1702
登録日:2017/11/12(Sun) 06:55:44
更新日:2017/11/12(Sun) 06:55:44

1 2 3  

TOPMemberSearchTool

EventMapMailLinkTopics


Powered by AmigoDatabase
DQ Novel Union (dqnovel@yoake.org) WebMaster:MikihisaAsaki

DragonQuestは、SQUARE ENIXの商品です。当サイトは、上記会社とは一切関係ありません。

Counter