検索結果




検索結果:16 件

DQ2[悪霊の神々] 長編 

並び替え

名簿順)  登録順)  更新順


 

【四つ葉の勇者】~人間に戻ったムーン王女に1勇が降臨しました~[別窓]

 18歳以上 

ラーの鏡で人間に戻った!
と思いきや。中の人はなぜか俺たちのご先祖様だった!
「まさか……ローレシアの初代国王?」
「93歳まで生きたくせにその社会性?」
外見は可憐な王女の姿なのに、口は悪いし、守銭奴だし。
何より全裸で動き回るのが甚だ迷惑……すみません、ちょっと嘘です。
──で、アンタ一体、何しに来たの?

1勇者と2のロトっ子たちが、仲良く(ならないかもしれない)お話です☆同人誌にて完結済。

「マジかよ! アイリンすげえな!」
「ロト様呼んじゃったら、ハーゴン倒すの余裕だよね」
「さすが私の姫様! やったーやったーすごーい!!」

 刹那、優美なカーブを描いて、回し蹴りの三連打が入った。
 皆は半円状に地に倒れ、それぞれ激突した部分を痛そうに抑え込む。

 そこへアイリンの影が、不穏に落ちる。

「よく聞け、愚孫ども。いや……孫じゃねぇか、まぁいいや」
No.10 望月三円  サイトへ
形式
[ 投稿サイト ] [ 完結 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 友情 ] [ コメディ ] [ シリアス ] 
DQ1キャラ
[ 1勇者 ] 
DQ1カップリング
[ 勇者×ローラ ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DQ2カップリング
[ ローレシア×ムーンブルク ] [ サマルトリア×ムーンブルク ] 
キーワード
[ ロレムン サマムン 勇ロラ ]
DataNo:1708
登録日:2018/04/09(Mon) 21:53:23
更新日:2019/03/30(Sat) 06:50:33

人に捧げる呪いの詩と神に捧げる願いの詩と[別窓]

弊サイト内のDQ3、1と少しばかり繋がりがある内容となっております。
しかし、こちら単独でも問題はない、と管理人は思っております。
どんな阿呆な設定が来ようと大丈夫さ! という強者はどうぞいらして下さい。
2018/3/22 二十三話更新。

 常であれば明るく高く広い空が、暗く低く狭かった。大きく黒い雲がサマルトリア城の上空を覆い、今にも雨粒が大地を濡らそうとしていた。
 サマルトリア国王女サーニアル=サマルトリアは、自室の窓辺から曇天を見上げ、嘆息した。
「この天気じゃ、露店を食べ歩くのはちょっとだよね。最近は晴れ続きだったのに、食べ歩きを予定していた日にどうして降るかなぁ」
No.162 makerSat  サイトへ
形式
[ 連載中 ] [ 3人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ コメディ ] [ シリアス ] [ ほのぼの ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] [ サマルトリア王女 ] 
DQ2カップリング
[ ローレシア×サマルトリア王女 ] [ サマルトリア×ムーンブルク ] 
キーワード
[ ハーゴン ベリアル バズズ アトラス ]
DataNo:753
登録日:2008/01/06(Sun) 00:54:46
更新日:2018/03/22(Thu) 21:45:24

俺たちの冒険の書No.002〜ローレシアの王子〜[別窓]

※これはドラゴンクエストIIの二次作です。
プレイ日記と妄想を足して2で割ったようなお話です。FC版を主軸としています(プレイはWiiの復刻版のやつです)
一部SFC版の設定も借りてます。矛盾点がある場合はFC版を優先。

 これは刷り込まれた仕来り、この国ができてから早百年弱。
「よもや、この時代にこの事態が起こるとは、送り出すのは辛いな」
 これも先延ばした罰だろう。もう少し早くに行動していれば…。いかに王と言えども幼子を世界の荒波に捧げるのは躊躇う。
そんな重責を背負うことなく、元気よく歩く息子の姿を見送りつつ父王は小さく「許せ」と呟いた。
No.466 アドライ  サイトへ
形式
[ 投稿サイト ] [ 完結 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
キーワード
[ ローレ サマル ムーン 俺冒2 ロレン パウロ マイコ ]
DataNo:1700
登録日:2017/11/08(Wed) 06:53:08
更新日:2017/11/08(Wed) 06:53:08

わがまま勇者[別窓]

わがままなローレシア王子、腹黒いサマルトリア王子、そしてふたりの保護者役のムーンブルク王女の3人が世界のために旅に出ます。

「お兄ちゃん、気をつけてね。ケンカしちゃだめだよ。怪我しないでね。悪いことしたら謝らなくちゃいけないんだよ?」

「棍棒……」

 あまりにも頼りない武器に、クッキーは思わず言葉を失う。
 しかしマルトは息子の命が関わっているのにもかかわらず、豪快な高笑いを浮かべて自分の息子に言い放った。

「修行をサボっていたお前に、剣は早すぎる。棍棒くらいが丁度いい! わっはっは」
No.438 兎兎丸  サイトへ
形式
[ 連載中 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 友情 ] [ ギャグ ] [ コメディ ] [ ほのぼの ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DataNo:1564
登録日:2015/03/12(Thu) 20:03:50
更新日:2015/03/12(Thu) 20:03:50

旅路の果てに[別窓]

 15歳以上 

携帯・スマホから閲覧の方は目次ページ内のリンクより、専用ページへ移動してください。

苦労の末ハーゴン討伐の旅を終えた、ローレシアの王子とムーンブルクの王女のその後の物語。

ゲームエンディング後のお話のため、ストーリーはすべてオリジナル、独自設定とオリジナルキャラが多数登場します。
ごく一部、心情表現中心の性描写と、後半に一か所、きつい残酷表現があります。
詳しくは目次ページと注意書きをご覧ください。

「世界の平和を祝して、乾杯!」

 ローレシア城の大広間で、凱旋を祝う宴が始まった。

 宴に招待された貴族達は、大神官ハーゴン、破壊神シドーを倒して凱旋した、ロトの血を引く若き英雄達の登場を、今か今かと待ちかまえていた。
No.335 葉月  サイトへ
形式
[ 連載中 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 残酷(15禁以上) ] [ 性表現中心(15禁以上) ] 
DQ2カップリング
[ ローレシア×ムーンブルク ] 
キーワード
[ ロレムン ]
DataNo:1515
登録日:2014/07/13(Sun) 00:40:33
更新日:2014/07/13(Sun) 00:40:33

そら色の冒険譚[別窓]

  その他

原作の流れに沿いつつ、オリジナル要素を含めたドラクエ2の長編小説です。完結済み。
3人仲良しを前提として、少々ロレサマ要素、サマムン要素を含みます。

「やぁ、さがしましたよ。アレン王子!」

・・・・・まさか、こいつが・・・・?

その優男は満面の笑みで立ち上がった。
No.349 そらはち  サイトへ
形式
[ 完結 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 友情 ] [ 心理 ] [ シリアス ] [ ほのぼの ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DQ2カップリング
[ サマルトリア×ムーンブルク ] [ ローレシア×サマルトリア ] 
キーワード
[ ローレシアの王子 サマルトリアの王子 ムーンブルクの王女 ]
DataNo:1125
登録日:2010/09/26(Sun) 00:15:44
更新日:2013/07/22(Mon) 23:23:17

闇を照らす光~悪霊の神々~[別窓]

  同性愛(一部)

ドラゴンクエスト2のストーリーを元に捏造の限りを尽くしたオリジナル設定による二次創作長編小説です。
ムーンブルク崩壊の凶報を聞いたローレシア国王にハーゴン討伐を命じられ旅立った王子が、同じロトの子孫達と力をあわせ各地を旅した末にハーゴンと悪霊の神々を打ち滅ぼす物語です。
こうして概要だけ語ると完全に原作通りに聞こえるのは大きな罠です。

「良いだろう」
男はニィと紫の唇を吊り上げて嘲笑った。
「今度はこのローレシアを木っ端微塵にしてやる――あの国のように!」
「……あの国のように……?」
僕の真横で、黄金の髪を逆立てたプリンが静かに男の台詞を反芻する。
「……ムーンブルクの事か……」
彼女が地鳴りのような低く轟く声で唸る。
次の瞬間、彼女の全身から光が爆発した。

「ムーンブルクの事かーーーーっっ!!」
No.269 椎名  サイトへ
形式
[ 連載中 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 友情 ] [ ギャグ ] [ シリアス ] [ ほのぼの ] 
DQ1キャラ
[ 竜王 ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
キーワード
[ 竜王の曾孫 弱気ローレ 両刀サマル 最強王女 精霊ルビス伝説 ]
DataNo:854
登録日:2008/12/05(Fri) 23:08:35
更新日:2010/12/25(Sat) 01:01:45

名もなき竜の物語[別窓]

 15歳以上 同性愛(男性)

竜王のひまご・竜樹と、赤星の魔道士セレアスの冒険&恋愛(?)物語。
ドラクエ2の世界で、ほぼオリジナルに近い内容の長編小説になっています。

竜樹は目を閉じ、玉座にもたれ掛かる。なんだかひどく疲れていた。こん
な、出口のない迷路に放り込まれたような気持ちは、生まれて初めてだっ
た。まったく以て性に合わない。それなのに、どうしても放り出してしま
えなくて―――。
―――何故、たかが人間一人の事に、こんなにも捕らわれねばならぬ?
No.234 phanto  サイトへ
形式
[ 連載中 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] 
DataNo:727
登録日:2007/11/12(Mon) 22:01:20
更新日:2007/11/12(Mon) 22:01:20

きみとリリザで[別窓]

なかなか会えないサマルトリアの王子は、意識的に勇者を避けていたのでは?だとしたら、どうして彼はパーティに加わったのでしょう?DQ2の冒頭部分を、まじめに、しつこく書いてみました。

落ち着け、ぼく…
 そう、言うべきことは決っていた。
 サリューは正面から彼を見た。
「ぼくはサマルトリアのサーリュージュです。そして君はローレシアのロイアル王子ですね?」
「あ、ああ。おまえ…」
「ぼくは、ずっと本当の君を探していました。ぼくの命を、君にあげます。力をあわせて、ともに戦いましょう」
No.11 とんぼ  サイトへ
作品傾向
[ 友情 ] [ 心理 ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] 
キーワード
[ リリザ ]
DataNo:48
登録日:2007/04/17(Tue) 00:00:00
更新日:2007/04/17(Tue) 00:00:00

精霊のこどもたち[別窓]

 同盟国ムーンブルクが滅ぼされた。そのニュースを聞いて、かの勇者に瓜二つの王子レオンが旅立つ。ハーゴンの正体はムーンブルクの王子?
 DQ2に忠実に、だけどオリジナル要素も含んだ連載長編です。

 いつの頃からだろうか。その血に連なる者はその二人の勇者に敬意を表し、ロトの勇者が旅立った16の年から、竜の勇者が光を取り戻した26までの10年にかかるロト王家の者を『精霊のこども』と呼ぶようになった。
 アレフが死んだ、ちょうど100年目の日。ある一人の王子が、ローレシアに誕生した。
 その王子の旅立ちから、この物語が始まる…
No.17 蒼夢 桜織  サイトへ
形式
[ 完結 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 心理 ] [ シリアス ] [ 切ない ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DQ2カップリング
[ サマルトリア×ムーンブルク ] 
キーワード
[ ローレシア×サマルトリア王女 ]
DataNo:93
登録日:2007/01/11(Thu) 00:00:00
更新日:2007/01/11(Thu) 00:00:00

1 2  

TOPMemberSearchTool

EventMapMailLinkTopics


Powered by AmigoDatabase
DQ Novel Union (dqnovel@yoake.org) WebMaster:MikihisaAsaki

DragonQuestは、SQUARE ENIXの商品です。当サイトは、上記会社とは一切関係ありません。

Counter