検索結果




検索結果:90 件

ローレシア 

並び替え

名簿順)  登録順)  更新順


 

マリアとオレ[別窓]

ムーンブルク王女が心配で心配でたまらない、ローレシア王子のお話。

――バシッ
 伸ばした手を、いきなり払いのけられた。
 少女は怯えたような目でオレを睨み、伏せた格好で警戒している。その身体は小刻みに震えていた。
 獣のようだ。
 オレは酷く悲しくなった。切なくなった。一体いままで、この少女は、どんな。
「なぁ、……王女。……マリア王女」
 驚いたように見開かれる、真紅の瞳。
「あんたは、もう犬じゃない。……人間だ。人間に戻ったんだぜ?」
No.87 あいきょー  サイトへ
形式
[ 1人称 ] 
作品傾向
[ 恋愛 ] [ 友情 ] [ 心理 ] [ シリアス ] [ 切ない ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DQ2カップリング
[ ローレシア×ムーンブルク ] 
キーワード
[ 少女小説 ]
DataNo:687
登録日:2007/08/10(Fri) 23:30:18
更新日:2007/08/10(Fri) 23:30:18

月と太陽[別窓]

サマルトリア王子が男として育てられた女の子だったら…という話。連載中の中編ではリリザでのローレシア王子との出会いを描いています。
パラレル扱いですが、決して強いとはいえないサマルトリア王子がなんで一人で旅してるのか?という長年の(個人的な)疑問に無理矢理答える話…のつもりでもあります。

何がいけなかったのかな。生まれ育ったサマルトリアの城を出て十数日、苦労を重ねた末にたどり着いたのは、当初目指していたはずのローラの門とはまるで見当違いの方角にあるリリザの町だった。
No.65 サキオ  サイトへ
形式
[ 完結 ] [ 1人称 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 心理 ] [ シリアス ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
キーワード
[ ローレシア サマルトリア リリザ 女サマル ]
DataNo:293
登録日:2004/12/17(Fri) 00:00:00
更新日:2007/06/18(Mon) 19:20:12

時間(とき)をかける真実[別窓]

リクエストアンケートより、「世界を救う勇者たちの
本音。スライムしか倒せなかった輩が思うこと、
それは?」

「…これが王家に生まれたもの、ってか、とりあえず勇者の血を引くって言われてる僕たちの使命か…」
ロンダルキアへ通じる洞窟の中。どこかでかすかに「ぴちょん、ぴちょん」という水滴の音が聞こえる静けさが戻ってきた時、ローレシア王子はため息をつきながらそう呟いた。
「『使命』の前での僕らの命なんて、薄っぺらいよね…実際、すぐに教会で復活させられて、また戦わせられる…」
No.211 maimaiget  サイトへ
形式
[ 3人称 ] 
作品傾向
[ コメディ ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
キーワード
[ ドラクエ1 ]
DataNo:614
登録日:2007/04/21(Sat) 00:00:00
更新日:2007/04/21(Sat) 00:00:00

きみとリリザで[別窓]

なかなか会えないサマルトリアの王子は、意識的に勇者を避けていたのでは?だとしたら、どうして彼はパーティに加わったのでしょう?DQ2の冒頭部分を、まじめに、しつこく書いてみました。

落ち着け、ぼく…
 そう、言うべきことは決っていた。
 サリューは正面から彼を見た。
「ぼくはサマルトリアのサーリュージュです。そして君はローレシアのロイアル王子ですね?」
「あ、ああ。おまえ…」
「ぼくは、ずっと本当の君を探していました。ぼくの命を、君にあげます。力をあわせて、ともに戦いましょう」
No.11 とんぼ  サイトへ
作品傾向
[ 友情 ] [ 心理 ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] 
キーワード
[ リリザ ]
DataNo:48
登録日:2007/04/17(Tue) 00:00:00
更新日:2007/04/17(Tue) 00:00:00

「星に願いを」[別窓]

ムーンブルク王城にて

 やがて暗い空に僅かな青味が差してきた頃、最後の光を送った王女がゆっくりとこちらを
振り向いた。強くて儚げな微笑みが、微かな星々の光を掻き集めたかのようにひっそりと
そこに咲いていた。
No.5 白石妙奈  サイトへ
形式
[ 1人称 ] 
作品傾向
[ 心理 ] [ ほのぼの ] [ 切ない ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DQ2カップリング
[ サマルトリア×ムーンブルク ] 
DataNo:12
登録日:2007/03/26(Mon) 00:00:00
更新日:2007/03/26(Mon) 00:00:00

不毛な争い[別窓]

ドラゴンクエスト2中心のショートギャグサイトです。見本代わりと言ってはなんですが、幾つか掲載作品を登録させていただきます。

サマル「ね~鉄のヤリ買って」
ローレ「え~?(鋼鉄の鎧買いたいんだよなあ)」
サマル「僕も戦力になりたいんだ」
ローレ「…分かった。何とか用意するよ」
サマル「ありがと~」

数時間後

サマル「…ねえローレ」
ローレ「何だ? ちゃんとお望みの持ってきたぞ」
No.205 見習物書  サイトへ
形式
[ Blog ] 
作品傾向
[ ギャグ ] [ コメディ ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] 
キーワード
[ ドラゴンクエスト2 ]
DataNo:600
登録日:2007/02/27(Tue) 00:00:00
更新日:2007/02/27(Tue) 00:00:00

雪原での戦い方[別窓]

ドラゴンクエスト2中心のショートギャグサイトです。見本代わりと言ってはなんですが、幾つか掲載作品を登録させていただきます。

ローレ「さあ覚悟しろデビルロード。残るはお前だけだ!」
デビルロード「くっ…ここまでか。こうなれば貴様等を道連れにしてくれる!」
サマル「残念でした~。メガンテはマホトーンで封じさせてもらったよ」
デビルロード「くくく…メガンテが無くとも道連れは可能じゃ」
ムーン「なんですって!?」
デビルロード「最後の切り札を喰らえ!」

デビルロードは おたけびをあげた!
No.205 見習物書  サイトへ
形式
[ Blog ] 
作品傾向
[ ギャグ ] [ コメディ ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
キーワード
[ ドラゴンクエスト2 ]
DataNo:601
登録日:2007/02/27(Tue) 00:00:00
更新日:2007/02/27(Tue) 00:00:00

無冠の王子[別窓]

ローレシアの王子、アクスは容姿端麗、品行方正、頭脳明晰、魔法こそ使えないが剣の腕は国一番の実力の
持ち主だが、少々困り者。2人の仲間も曲者ぞろいで…?

 ローレシアの一人息子、アクスは容姿端麗、品行方正、頭脳明晰。魔法こそ使えないが剣の腕は国一番の実力の持ち主だった。
 だが、ローレシア王は悩んでいた。アクスを国王にするわけにはいかないと。
 アクスの国王にするには唯一にして最大の欠点は、何においても無気力、無関心で、他人のことを考えるという気がないという性格だった。
No.17 蒼夢 桜織  サイトへ
形式
[ 完結 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 心理 ] [ シリアス ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DQ2カップリング
[ ローレシア×ムーンブルク ] 
DataNo:94
登録日:2007/01/16(Tue) 00:00:00
更新日:2007/01/16(Tue) 00:00:00

精霊のこどもたち[別窓]

 同盟国ムーンブルクが滅ぼされた。そのニュースを聞いて、かの勇者に瓜二つの王子レオンが旅立つ。ハーゴンの正体はムーンブルクの王子?
 DQ2に忠実に、だけどオリジナル要素も含んだ連載長編です。

 いつの頃からだろうか。その血に連なる者はその二人の勇者に敬意を表し、ロトの勇者が旅立った16の年から、竜の勇者が光を取り戻した26までの10年にかかるロト王家の者を『精霊のこども』と呼ぶようになった。
 アレフが死んだ、ちょうど100年目の日。ある一人の王子が、ローレシアに誕生した。
 その王子の旅立ちから、この物語が始まる…
No.17 蒼夢 桜織  サイトへ
形式
[ 完結 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 心理 ] [ シリアス ] [ 切ない ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DQ2カップリング
[ サマルトリア×ムーンブルク ] 
キーワード
[ ローレシア×サマルトリア王女 ]
DataNo:93
登録日:2007/01/11(Thu) 00:00:00
更新日:2007/01/11(Thu) 00:00:00

ルプガナの嵐[別窓]

ルプガナの町で少女を救い出して船を借りるイベントに事寄せて、サマル君の推理劇を書いてみました。貿易都市ルプガナでは激しい嵐のために船が沈没する事件が続いていた。大商人ベルモントはすべての船の出港を取りやめさせた。同じ頃ベルモントの孫娘はとりつかれたように廃墟をさまよい、星降る腕輪号が沈んだ場所では不思議な光が海中から立ち上る。事件の真相に気付いたのは、サマルトリアの王子だった。

「助けてぇっ」
不意に悲鳴が響き渡った。サマが同時に立ち止まった。追いついてみると、そこはひねこびた枯れ木を中心にした、猫の額ほどの広場だった。木の下にあるのは涸れ井戸のようだった。井戸の前で三人の人物がもみあっている。
No.11 とんぼ  サイトへ
形式
[ 完結 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 友情 ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DataNo:47
登録日:2007/01/10(Wed) 00:00:00
更新日:2007/01/10(Wed) 00:00:00

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  

TOPMemberSearchTool

EventMapMailLinkTopics


Powered by AmigoDatabase
DQ Novel Union (dqnovel@yoake.org) WebMaster:MikihisaAsaki

DragonQuestは、SQUARE ENIXの商品です。当サイトは、上記会社とは一切関係ありません。

Counter