検索結果




検索結果:9 件

その他制限あり ローレシア 

並び替え

名簿順)  登録順)  更新順

制限の絞込み

年齢制限なし   年齢制限あり


はじまりと終わりの話[別窓]

  同性愛(一部)

ドラクエ2の冒険が終わってしばらく経った頃の話です。

ロトの剣が復活できるかも?と言う話を聞いて思わず旅に出たアレンとカイン。その先で見たものは、今まで見たことのない城で……。

サマムン前提でのロレサマ2人旅小説、続き物です。

世界中を旅していたアレンとカインである。
近くへ行けばどこの国かは当然分かるだろうと思ったが、どう見ても初めて見る城だった。

「どこだよここ。ローレシアでもサマルトリアでもないし、もちろんデルコンダルでもラダトームでもないぞ。
 辺境の小国か?」

世界は広く自分たちがまだ知らない国があったんだろうかとアレンは思った。
No.349 そらはち  サイトへ
形式
[ 連載中 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 友情 ] [ コメディ ] [ シリアス ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] 
DQ2カップリング
[ サマルトリア×ムーンブルク ] [ ローレシア×サマルトリア ] 
キーワード
[ クリア後 ロトシリーズ ]
DataNo:1710
登録日:2018/05/01(Tue) 05:18:54
更新日:2018/05/01(Tue) 05:18:54

予感[別窓]

  同性愛(男性)

DQM+のロラン×サトリのBL小説です。この話に関してはBL要素は薄めです。

 この世界では、精霊ルビスの加護を受けた者にだけ、ある特別な『権利』が与えられる。
 ――『魔物との戦闘で死亡した時に生き返ることができる』という権利だ。
 ロトの血統を受け継ぐサマルトリアの“第二王子”サトリは、その『権利』とやらのありがたみと理不尽さを、いま、切に噛み締めているところだった。
「――ロラン!」
 ルーナの可愛らしい声が厳かな教会の中に響く。
No.471 ぺこ  サイトへ
形式
[ 3人称 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 友情 ] [ シリアス ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DQ2カップリング
[ ローレシア×サマルトリア ] 
キーワード
[ DQM+ ロラン サトリ ロラサト ロレサマ ]
DataNo:1704
登録日:2018/02/19(Mon) 20:15:41
更新日:2018/02/19(Mon) 20:15:41

死の舞踏[別窓]

 15歳以上 その他

兄妹間の悲恋をイメージした異色DQ2二次です。サマルトリア王女アリスに求婚していた貴族たちが連続して毒殺される事件が起きた。かつての勇者でローレシアの新王アロイスは、アリスの兄アーサー王子と協力して解明に乗り出した。やがてロンダルキアのシドー戦の残響が王子を蝕む。アーサーの死後、アーサーにそっくりな黒衣の貴公子が現れた。一曲踊っていただけますか、と。ボカロの名曲カンタレラにのせて死の舞踏が始まる。

かつてのパーティメンバー、アーサーは、黙ってつっ立っていれば大変な美形だとアロイスも認めざるを得ない。栗色の髪と緑の眼、それがよく映える色白の肌。体型はすらりとして立ち姿が美しい。まさに王子様だった。三歳年下の妹、アリスは、これも口をつぐんでおとなしくしていれば透明感のある可憐な美少女である。髪と眼の色は兄と共通で、お人形のように華奢だった。だが口を開いたが最後、印象は一変する。
No.11 とんぼ  サイトへ
形式
[ 完結 ] 
作品傾向
[ 哀しい ] [ ダーク ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ サマルトリア王女 ] 
DataNo:1618
登録日:2016/05/22(Sun) 21:51:04
更新日:2016/05/22(Sun) 21:51:04

[別窓]

作品非直通  同性愛(男性)

ムーンペタでの一場面を、ムーンブルク視点とサマルトリア視点から書いています。
※サマロレ&ロレムン、三角関係が前提のPTです。

※リンク先は絵なども置いてあるメニューページです。小説は左フレームメニューの「文」のところにあります。
・ムーンブルク視点 → 犬-Side Nana
・サマルトリア視点 → 犬-Side Arthur

 嗚呼、世も末だな。庶民の子どもなんてこんなものか。
 少年が二人、道の上に転がる毛皮の塊を、足や木の枝で突き回している。よく見るとどうやらその毛皮の塊は、汚れた茶色い犬のようだった。ぐったりして、鳴く気力もないのか、されるがままになっている。
 僕はこの胸糞悪い餓鬼共を少し脅してやろうと、近づいていって声を掛けた。
「ふーん、犬か。今買ってきた剣の試し斬りに丁度いい。ちょっとどけよ、糞餓鬼共。」
No.450 三船  サイトへ
形式
[ 1人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 恋愛 ] [ 心理 ] [ シリアス ] [ ダーク ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DQ2カップリング
[ ローレシア×ムーンブルク ] [ ローレシア×サマルトリア ] 
キーワード
[ サマロレ ロレムン 三角関係 ]
DataNo:1613
登録日:2016/03/26(Sat) 23:15:41
更新日:2016/03/26(Sat) 23:15:41

リリザの宿で[別窓]

作品非直通 15歳以上 同性愛(男性)

リリザでの合流の話をローレシア視点・サマルトリア視点それぞれから書いています。サマルの性格がかなりゲスです。
※サマロレ&ロレムン、三角関係が前提のPTです。少し暴力的な表現があります。

※リンク先は絵なども置いてあるメニューページです。小説はフレーム左のメニューの「文」のところにあります。
・ローレシア視点 → リリザの宿で-Side Roy
・サマルトリア視点 → リリザの宿で-Side Arthur

 僕が一週間探し続けた男は、リリザの町の宿屋の談話室で、煙草をふかしながら椅子の上で足を組んでいた。そのあまりの体たらくに僕は一瞬我が目を疑ったが、八年前ローレシアで、僕の10歳の誕生日を祝う祭に訪れていた彼の、印象的なダークブロンドの髪や、美しい翡翠色の瞳は、見紛い様のないものだった。
「もしや君は、ローレシアのロイ王子では?いやー、さがしましたよ。」
No.450 三船  サイトへ
形式
[ 1人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 恋愛 ] [ 心理 ] [ シリアス ] [ ダーク ] [ 残酷(15禁以上) ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] 
DQ2カップリング
[ ローレシア×サマルトリア ] 
キーワード
[ サマロレ ]
DataNo:1612
登録日:2016/03/26(Sat) 23:15:28
更新日:2016/03/26(Sat) 23:15:28

そら色の冒険譚[別窓]

作品非直通  その他

原作の流れに沿いつつ、オリジナル要素を含めたドラクエ2の長編小説です。完結済み。
3人仲良しを前提として、少々ロレサマ要素、サマムン要素を含みます。
「長編小説」のメニューから。

「やぁ、さがしましたよ。アレン王子!」

・・・・・まさか、こいつが・・・・?

その優男は満面の笑みで立ち上がった。
No.349 そらはち  サイトへ
形式
[ 完結 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 友情 ] [ 心理 ] [ シリアス ] [ ほのぼの ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DQ2カップリング
[ サマルトリア×ムーンブルク ] [ ローレシア×サマルトリア ] 
キーワード
[ ローレシアの王子 サマルトリアの王子 ムーンブルクの王女 ]
DataNo:1125
登録日:2010/09/26(Sun) 00:15:44
更新日:2013/07/22(Mon) 23:23:17

ハニートラップ[別窓]

 18歳以上 同性愛(男性)

DL小説ムーン王女編のローレとサマル王子達の物語。無事合流を果たした2人の王子達の前に現れた謎の女。その罠に絡め取られた先に、思いがけない展開が待っていた‥? 

「私とあなたが愉しんだように。あの子達も愉しんで欲しいだけ。」
「‥ルークの意志は無視してか?」
さっと頬に朱を走らせて、一瞬目を背けたアルフレートが、堅い表情で問いかけた。
「そこが問題なのよね…」
ほう‥と溜め息を零して、女が困ったものだと眉を下げる。
「どうしたら、いいと思う? ‥いっそ、彼の前で私達が手本見せてあげる?」
すっと伸ばされた手が彼の頬を滑り、唇が寄せられた。
No.19 月の虹  サイトへ
形式
[ 連載中 ] 
作品傾向
[ 心理 ] [ 性表現中心(15禁以上) ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] 
DQ2カップリング
[ ローレシア×サマルトリア ] 
キーワード
[ ロレサマ ローレ サマル  ]
DataNo:1163
登録日:2010/12/31(Fri) 20:01:55
更新日:2010/12/31(Fri) 20:01:55

闇を照らす光~悪霊の神々~[別窓]

  同性愛(一部)

ドラゴンクエスト2のストーリーを元に捏造の限りを尽くしたオリジナル設定による二次創作長編小説です。
ムーンブルク崩壊の凶報を聞いたローレシア国王にハーゴン討伐を命じられ旅立った王子が、同じロトの子孫達と力をあわせ各地を旅した末にハーゴンと悪霊の神々を打ち滅ぼす物語です。
こうして概要だけ語ると完全に原作通りに聞こえるのは大きな罠です。

「良いだろう」
男はニィと紫の唇を吊り上げて嘲笑った。
「今度はこのローレシアを木っ端微塵にしてやる――あの国のように!」
「……あの国のように……?」
僕の真横で、黄金の髪を逆立てたプリンが静かに男の台詞を反芻する。
「……ムーンブルクの事か……」
彼女が地鳴りのような低く轟く声で唸る。
次の瞬間、彼女の全身から光が爆発した。

「ムーンブルクの事かーーーーっっ!!」
No.269 椎名  サイトへ
形式
[ 連載中 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 友情 ] [ ギャグ ] [ シリアス ] [ ほのぼの ] 
DQ1キャラ
[ 竜王 ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
キーワード
[ 竜王の曾孫 弱気ローレ 両刀サマル 最強王女 精霊ルビス伝説 ]
DataNo:854
登録日:2008/12/05(Fri) 23:08:35
更新日:2010/12/25(Sat) 01:01:45

僕と俺の長い長い始まり[別窓]

 18歳以上 同性愛(男性)

ゲーム本編に沿ったロレサマ長編、最初から最後まで。ロレムンとハゴサマも並行して。前半はロレが好きで好きでしょうがないサマとそれに全然気づいてないロレの話、後半はムンとハゴ加えた泥沼四角関係。両思いロレムンと魂の双子ハゴサマ、そしてすれ違いロレサマが最後に出す結論は……? 完結しました!

(ああ)
 ―――嬉しくて、泣きたい。
(この人だ。この人に会うために、僕は生まれてきたんだ)
 体中が歓喜の声を上げている。理屈より先に、魂が納得していた。
 この人が、自分の存在理由だと。
No.62 八識一  サイトへ
形式
[ 完結 ] [ 1人称 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 切ない ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DQ2カップリング
[ ローレシア×ムーンブルク ] [ ローレシア×サマルトリア ] 
キーワード
[ ロレサマ ロレムン ハーゴン ハゴサマ ]
DataNo:281
登録日:2005/11/28(Mon) 00:00:00
更新日:2005/11/28(Mon) 00:00:00

TOPMemberSearchTool

EventMapMailLinkTopics


Powered by AmigoDatabase
DQ Novel Union (dqnovel@yoake.org) WebMaster:MikihisaAsaki

DragonQuestは、SQUARE ENIXの商品です。当サイトは、上記会社とは一切関係ありません。

Counter