検索結果




検索結果:164 件

1人称 

並び替え

名簿順)  登録順)  更新順


 

強き心は、時を越えて。[別窓]

チイかのSS第6弾です。
過去のサンタローズへと足を踏み入れた青年リュカ。
パパスに会うか、会わないか。彼の心は大きく揺らぐ――
一部都合上オリキャラあり。

「パパス?」
リュカは顔をあげた。
「パパスがこの村にいるのですか?今、ここに?」
さぞ物騒な光を、このときのリュカの瞳は帯びていたに違いない。
サファが少し肩をすくめて見せた。
「ええ。長旅から帰ったばっかりです。パパスさんの知り合いですか?」
「・・・はい」一瞬躊躇した。息子だと言いそうになってしまった。「ちょっと昔に恩があるんです」
No.272 チイか  サイトへ
形式
[ Blog ] [ 1人称 ] [ 3人称 ] 
作品傾向
[ 心理 ] [ シリアス ] [ 切ない ] 
DQ5キャラ
[ 5主人公 ] [ パパス ] 
DataNo:845
登録日:2008/10/29(Wed) 21:55:43
更新日:2008/10/29(Wed) 21:55:43

愛してる[別窓]

初の主フロ。
フローラ視点で結婚後、ポートセルミの宿屋にて。甘々。

「……フローラ」
 私がそんなことを思っていると、後ろからいつの間にか起きていた彼が私を呼んだ。
「あなた……」
「こんなところにずっといたら風邪ひくぞ」
 彼はそう言って温めるように私の肩を抱いた。
No.265   サイトへ
形式
[ 1人称 ] 
作品傾向
[ 恋愛 ] 
DQ5カップリング
[ 主人公×フローラ ] 
キーワード
[ 主フロ 甘め ]
DataNo:844
登録日:2008/10/27(Mon) 22:02:11
更新日:2008/10/27(Mon) 22:02:11

童貞聖者[別窓]

  同性愛(一部)

「マルチェロは何故『王とはなんだ!』と叫ぶに至ったか」
を彼の生い立ちから全部書きつくしてやろうという、壮大すぎる意図の小説集。数多くのSSで、いろんな人の視点から、いろんな時期の兄を見て、彼の人物像を描き出そう…という代物です。

「なんでも、などと言わなくてよい。お前はお前の道をお選び。女神はお前の選択を祝福して下さる。」
「院長さま…僕は…」
ああ、笑顔になったこの子の瞳は、なんて濁り無く美しい色をしているのだろう。
女神よ、この子の無垢な魂をお守りください。
「僕は聖堂騎士になります。」
マルチェロの言葉には、わずかな迷いも混じりけも無かった。
形式
[ 連載中 ] [ 1人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 友情 ] [ 心理 ] [ コメディ ] [ シリアス ] [ 切ない ] [ 哀しい ] [ ダーク ] 
DQ8キャラ
[ 8主人公 ] [ ゼシカ ] [ ククール ] [ ヤンガス ] [ トロデ ] [ マルチェロ ] 
DQ8カップリング
[ ゼシカ×ククール ] [ ククール×マルチェロ ] 
キーワード
[ 一人称小説集 ククマル オディロ カリスマ兄弟両親 捏造設定 ]
DataNo:521
登録日:2006/12/31(Sun) 00:00:00
更新日:2008/10/26(Sun) 23:05:21

神の子[別窓]

いにしえの賢者の一人、エジェウスが「神の子」になった経緯と、暗黒神を封印した後の生涯を書いています。

「……人間ってのは分からねえな」
呆れたように極楽鳥は肩をすくめる。
「そんな辛い思いをしたって、エジェウスの言う『危機』ってのはもっとずっと先の話なんだろ?そんなの、その時代の奴に任せりゃいいじゃないか。賢者の子孫なら封印し直す事、できるんだろ?」
「いや、駄目だよ。ラプソーンに同じ手が通用するとは思えない」
僕が頭を左右に振ると、極楽鳥は驚いたように目を見開いた。
No.155 アルマ  サイトへ
形式
[ 1人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ シリアス ] [ 切ない ] 
キーワード
[ エジェウス 神の子 極楽鳥 ]
DataNo:838
登録日:2008/10/22(Wed) 22:22:01
更新日:2008/10/22(Wed) 22:22:01

どくはく。[別窓]

薄れ行く意識の中、私はただ一人、あの方への想いを募らせる…。
バッドエンドです。ご注意くださいませ。

 黒の線に、赤が交差する。
 黒は髪。私の長い髪。全てを捨てた中で、これだけは捨てられなかった、女の象徴。
 赤は血。私の体から流れ落ちる血。命から流れ出ていく力。
 その赤は、あの方の瞳を連想させるほど赤くて。
 ああ、それは決して交じり合う事はないのだと、薄れ行く意識の中で想った。
No.17 蒼夢 桜織  サイトへ
形式
[ 1人称 ] 
備考
[ 性転換あり ] 
作品傾向
[ 恋愛 ] [ 心理 ] [ シリアス ] [ 切ない ] [ 哀しい ] [ ダーク ] [ 敵側 ] 
キーワード
[ ピサロナイト バッドエンド 死にネタ ]
DataNo:833
登録日:2008/09/21(Sun) 20:34:25
更新日:2008/09/21(Sun) 20:34:25

馬車の中で[別窓]

初めて作品を投稿する者です。文才ないのに無駄に妄想が働く人が書いたものですが呼んでくださると幸いです。よろしければコメントの方も。

ゴッドサイドから天空の塔を目指す一行。アリーナが珍しく見せた弱みにクリフトは・・・

「現にこうやって魔物たちを殺してる。そのことで快感を得てるわ。・・・これが王族の言う台詞じゃないもの。心がきれいとはとても言えない」
「姫様・・・」
わたしは何といえばいいかわからずうなだれて、また膝小僧を見ました。特に何もないはずの、膝小僧を。
こういうとき、姫様を愛してる者なら何と言うだろうか。
姫様の機嫌をとるか、
姫様にちょっと反抗的に返すか。
・・・正しいのはどっちだろうか。
No.272 チイか  サイトへ
形式
[ Blog ] [ 1人称 ] 
作品傾向
[ 恋愛 ] [ 心理 ] [ ほのぼの ] 
DQ4キャラ
[ アリーナ ] [ クリフト ] 
DQ4カップリング
[ アリーナ×クリフト ] 
DataNo:832
登録日:2008/09/20(Sat) 22:01:51
更新日:2008/09/20(Sat) 22:01:51

オークスの友情[別窓]

 オークス視点の友情ものです。
主フロ前提ですが、フローラはあんまり出てきません。

「くそっ!好きにしやがれ。」
 オレは手に持っていたヤリを放り投げ、どっかと胡坐をかいて座り込んだ。
 オレはオーク族のエリート中のエリート、オークキング族のオークス。人間でいえば王族・貴族みたいなものだ。これまで誰にも負けたことなどなかったし、これからも負けるなんてことはないと思っていた。
「好きにしていいんだね?」
 その人間はそういってオレをじっと見つめた。
No.258   サイトへ
形式
[ Blog ] [ 1人称 ] 
作品傾向
[ 友情 ] 
DQ5キャラ
[ 5主人公 ] [ フローラ ] [ 仲間モンスター ] 
DQ5カップリング
[ 主人公×フローラ ] 
キーワード
[ オークス ]
DataNo:818
登録日:2008/08/06(Wed) 23:42:10
更新日:2008/08/06(Wed) 23:42:10

安息の地[別窓]

 18歳以上 

主人公×ビアンカのほのぼの18禁短編。ルドマンさんちでの結婚イベント前夜のお話です。

明日は、彼がいよいよ私達を「選ぶ」日。ルドマンさんが用意してくれた寝室で、だけど私は眠れない。だって彼は、私よりも年下だったから。だって彼を、弟みたいに思っていたから。だって彼が、あんな風に苦労して…『男の人』になるなんてとてもじゃないけど想像していなかったから。
No.211 maimaiget  サイトへ
形式
[ 1人称 ] 
作品傾向
[ 恋愛 ] [ ほのぼの ] 
DataNo:814
登録日:2008/07/13(Sun) 14:26:25
更新日:2008/07/13(Sun) 14:26:25

夢の兆し[別窓]

親分肌な勇者・ボケの武闘家・苦労性の盗賊・壁をつくっている僧侶がメインのシリアスあり、コメディありの友情恋愛物語。
オリジナル設定ありです。

 反射的に俺はチェーンクロスを横一文字に振り、矢を払い落とした。
 と、同時に、ケールが外套で器用に矢を落とし、シェリアも、バギで矢を吹き飛ばし、残りをホーリーランスで防いだ。

 そんな中、アルトは脊髄反射のような素早さで前に出て、攻撃をしてきたエルフの首元に、銅の剣をつきつけた。

「アンの親に会わせなさい。グズグズしていたら、私の手が剣の重さに負けて、この男の首を落としてしまうかもしれないわ」

No.261 颯希林  サイトへ
形式
[ 連載中 ] [ 1人称 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 友情 ] [ コメディ ] [ ほのぼの ] [ 切ない ] 
DQ3キャラ
[ 勇者・女 ] [ 僧侶・女 ] [ 武闘家・男 ] [ 盗賊・男 ] [ 賢者・男 ] [ 賢者・女 ] 
DQ3カップリング
[ 勇者×武闘家 ] [ 僧侶×盗賊 ] [ 賢者×賢者 ] 
キーワード
[ 勇者 竜の血脈 賢者 ルビス    ]
DataNo:813
登録日:2008/07/13(Sun) 14:25:05
更新日:2008/07/13(Sun) 14:25:05

Der zertlich Handteller[別窓]

 18歳以上 その他

拙サイトリクエストネタより男勇者×マーニャ&ミネアの18禁短編。故郷の村を失って、まだ彼女達に心を開けない状態にある勇者が熱を出して…?

「いらっしゃい。これからは私達が一緒だから」
差し出されたその手を僕はためらいながら取った。
その手を取るしか、僕には残されていなかった。だって僕は『独り』なのだから。
No.211 maimaiget  サイトへ
形式
[ 1人称 ] 
作品傾向
[ ほのぼの ] 
キーワード
[ 男勇者 マーニャ ミネア ]
DataNo:811
登録日:2008/07/11(Fri) 23:54:14
更新日:2008/07/11(Fri) 23:54:14

  8 9 10 11 12 13 14 15 16  

TOPMemberSearchTool

EventMapMailLinkTopics


Powered by AmigoDatabase
DQ Novel Union (dqnovel@yoake.org) WebMaster:MikihisaAsaki

DragonQuestは、SQUARE ENIXの商品です。当サイトは、上記会社とは一切関係ありません。

Counter