検索結果




検索結果:261 件

冒険譚 

並び替え

名簿順)  登録順)  更新順


 

オタク女子の冒険の書[別窓]

サイト移転を機に一から書き直したククール寄りトリップ夢小説です。捏造が多いですが一応原作沿い。夢主以外に、ククールをこれでもかという程に贔屓しているのでご注意を。出来立てですので話はまだ少ないですが、一生懸命更新していきたいです。

"……いや、待てよ。この膨大な量のオーラが本人の制御なしに周囲に漏れていたとしたら、全身の至る所に出来ていた擦り傷や引っ掻き傷は……。"

 事実という名の無数の点は線で結ばれ、一つの考えを形作る。ククールはハッとした。そして、やはり自分の考えに寸分の狂いもなかったことを悟ると、泉のように止めどなく溢れ出す涙を必死に堪えながら何度も謝罪の言葉を心の内に吐き出すのであった。
No.451 yuzu  サイトへ
形式
[ 連載中 ] [ 夢小説 ] [ 3人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 流血多し ] 
DQ8キャラ
[ 8主人公 ] [ ゼシカ ] [ ククール ] [ ヤンガス ] [ トロデ ] [ ミーティア ] 
キーワード
[ ククール トリップ 捏造設定 特殊能力 オリキャラ ]
DataNo:1680
登録日:2017/07/31(Mon) 06:46:34
更新日:2017/07/31(Mon) 06:46:34

テルパドールの戦い[別窓]

テルパドールの女王アイシスは自分が狙われていることを悟り、天空の勇者とその家族を呼び寄せました。すぐに女王は誘拐され、身代金受け渡し役に5主とヘンリーが指定されました。二人の間にパパスの死が影を落とします。謝れば罪は許されるのか?許されない罪は命を持って贖うしか術がないのか?砂漠の中の秘密の楽園、テルパドール地下庭園の緑陰で語られる、古い盟約が覚醒を遂げる物語。

「ああ……お前が何をしてほしいかはだいたいわかる。特に、戦うときは」
「だよね。知ってたよ。なんでわかるのかなと思ったこともあるけど」
さっと振り向いてヘンリーが突っ込みをいれた。
「おまえが単純だからに決まってるじゃないか!」
ふふふ、とルークは笑った。この手に古い友達を取り戻すのはなんと心が安らぐことか。うれしくてたまらなかった。
「もう一回聞くからね。また一緒に戦えるだろう?」
No.11 とんぼ  サイトへ
形式
[ 完結 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ シリアス ] 
DQ5キャラ
[ 5主人公 ] [ ヘンリー ] 
キーワード
[ アイシス ]
DataNo:1679
登録日:2017/07/17(Mon) 21:56:34
更新日:2017/07/17(Mon) 21:56:34

ブラッドミストの岩垂草[別窓]

主人公(アルス)・マリベル・ガボのクレージュ探検。猟奇的な描写に注意。

生温い血が噴き出るのとは対照的に、アルスは体が冷えて来た。失血死する。
「抜いていいよ。死んだらごめん」
No.459   サイトへ
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 友情 ] [ 流血多し ] 
DQ7キャラ
[ 7主人公 ] [ マリベル ] [ ガボ ] 
DataNo:1677
登録日:2017/06/23(Fri) 23:06:49
更新日:2017/06/23(Fri) 23:06:49

俺たちの冒険の書No.001〜ロトの血を引きし者〜[別窓]

・『ぼうけんのしょ』はプレイ日記と妄想を足して2で割ったようなお話です。
 FC版を主軸としています(プレイはWiiの復刻版のやつです)
・『だいじなもの』はED後の蛇足、オリジナル要素が多い蛇足です。
 少しSFC版の設定を借りてます。矛盾点がある場合はFC版を優先。

(俺で何人目だ?)
 そう出そうになった言葉を慌てて飲み込み、跪き定例文を言う。

「無事に倒し、この世界を平和に導くことを誓いましょう」
「では行け! 勇者アレフよ」

 一礼をして、黍を返し、旅の役に立てるものを少しばかり頂き、後方の扉を開ける。
この国の近衛兵に見送られて勇者アレフは旅立つ。
No.466 アドライ  サイトへ
形式
[ 完結 ] [ 1人称 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] 
DQ1キャラ
[ 1勇者 ] [ ローラ姫 ] 
DQ1カップリング
[ 勇者×ローラ ] 
キーワード
[ アレフ 1主 ]
DataNo:1660
登録日:2017/01/17(Tue) 22:57:24
更新日:2017/04/11(Tue) 22:12:11

月の下、奏でる音[別窓]

王女の呪いを解いた後、なかなか心を許してくれない王女と二人の王子の話です。
ひとつのパーティーのお話を連作短編形式で創作しています。
あまり描写はありませんが最終的にサマムンに落ち着く設定です。

粉々になって砕け散った鏡は、光をも散らばせた。

ムーンペタの薄汚い路地裏にパシン、と手を叩く乾いた音が響く。

「触らないで」

咄嗟にかけたオレンジのマントが風に虚しく揺れている。「よかったです、ミモザ王女。すぐに宿屋へお連れしますよ」そんな台詞を吐いていたエルトは、そのミモザ王女からの拒絶に思わず言葉を失っていた。

「……王女?」
No.471 ぺこ  サイトへ
形式
[ 3人称 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 友情 ] [ シリアス ] [ ほのぼの ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DQ2カップリング
[ サマルトリア×ムーンブルク ] 
キーワード
[ サマムン ]
DataNo:1673
登録日:2017/04/02(Sun) 21:15:54
更新日:2017/04/02(Sun) 21:15:54

ある淑女の記[別窓]

拙作『神に背を向ける者』外伝。勇者一行の旅路に途中から加わった賢者は、その道中に覚えた淡い思いを書き留めていく。

 月 日
 フーガさんに私がふさわしくないことは分かってる。傍で見守っているだけでいいっていう気持ちも嘘じゃない。
 でも、つい願ってしまう。

 ……このまま、ずっといられたら。

 旅立ってから七年。私もやっと、自分の気持ちを認められた気がする。
No.297 おかめ  サイトへ
形式
[ 1人称 ] [ 3人称 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ 心理 ] [ 切ない ] [ 哀しい ] 
DQ3キャラ
[ 勇者・男 ] [ 戦士・男 ] [ 武闘家・女 ] [ 遊び人・男 ] [ 賢者・男 ] [ 賢者・女 ] 
DQ3カップリング
[ 戦士×賢者 ] 
キーワード
[ 年の差 ]
DataNo:1672
登録日:2017/03/25(Sat) 22:30:46
更新日:2017/03/25(Sat) 22:30:46

人に捧げる呪いの詩と神に捧げる願いの詩と[別窓]

弊サイト内のDQ3、1と少しばかり繋がりがある内容となっております。
しかし、こちら単独でも問題はない、と管理人は思っております。
どんな阿呆な設定が来ようと大丈夫さ! という強者はどうぞいらして下さい。
2017/3/20 二十二話更新。

只ひとつの希望を定め、過去を捨てて未来を見据え、神の祝福のために呪いを人々に振りまくと、そう決断された。その道は正しいばかりでなく、過ちに満ちております。いえ、もしかすれば、全てが過ちであるやもしれませぬ。それでも殿下は、私は、信じたのです。信じずにはいられなかったのです。この道を。
No.162 makerSat  サイトへ
形式
[ 連載中 ] [ 3人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ コメディ ] [ シリアス ] [ ほのぼの ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] [ サマルトリア王女 ] 
DQ2カップリング
[ ローレシア×サマルトリア王女 ] [ サマルトリア×ムーンブルク ] 
キーワード
[ ハーゴン ベリアル バズズ アトラス ]
DataNo:753
登録日:2008/01/06(Sun) 00:54:46
更新日:2017/03/21(Tue) 20:57:08

君の物語を聞かせて[別窓]

これでもかというほど卑屈な勇者と、仲間たちの冒険譚。勇戦盗武→賢勇。パーティメンバーは全員男、色気はあんまりありません。
卑屈で弱気でうじうじしてて、でも誰よりも世界を救いたいと思っている少年が、少しずつ変わっていくお話。
ヒロイン候補も出てきたりしていますが恋愛メインの話にはならない予定。
グリンラッド~幽霊船~オリビアの岬編更新。サイモンの遺志を知るため、勇者たちはサイモンの息子と共に海へ出る。

 それでも何度も何度も思い出してしまう。あの不思議な輝かしいひと時を。世界を救う勇者とひと時でも共に旅をすることができた、〝普通〟の人間にはとても巡り合うことのないだろう時間を。
 旅の間は無駄に気を使い勇者に振り回され、苛立ち腹を立て空回りしてばかりだったというのに、世俗の塵芥にまみれながらあの旅を思う時――ガルファンには、その時間がたまらなく眩しく思い出されるのだ。
No.62 八識一  サイトへ
形式
[ 連載中 ] [ 3人称 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 友情 ] 
DQ3キャラ
[ 勇者・男 ] [ 戦士・男 ] [ 武闘家・男 ] [ 盗賊・男 ] [ 賢者・男 ] 
キーワード
[ 卑屈 弱気 うじうじ 男だらけ ]
DataNo:284
登録日:2007/03/30(Fri) 00:00:00
更新日:2017/03/16(Thu) 21:16:08

時空の示す先[別窓]

9月7日「いつか帰る場所」更新。
某所で連載しておりましたドラクエ8とぷよぷよ!! 20th anniversaryのクロスオーバー作品。暗黒神が滅び、平和になった世界。勇者の一族である夢主はかつての敵、ドルマゲスと再会する。神鳥の杖を取り込んだ彼は、神鳥と暗黒神、双方のチカラを手にしていた。時空を超えて「故郷を作る旅」に出ようと提案する夢主に賛同したドルマゲス。そんなふたりを待ち受けていたものとは?

「誰が……誰が望んだ!?」
問いに答える者はいない。ただ、石段の上に置かれた幾百の蝋燭が揺らめくのみ。紅色の魔法陣の上で、彼は目を覚ました。
金色の目はまだ霞んでいる。しかし長い間、悪夢のようなものを見ていたのは確か。今、目に見えるものは紛れもなく、『あの時』の場所と自分の身体。
「……誰が私を蘇らせた!」
No.464 ねくたぁ  サイトへ
形式
[ 連載中 ] [ 夢小説 ] [ 1人称 ] [ 3人称 ] 
備考
[ ダブルパロ ] [ 別世界 ] [ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 心理 ] [ シリアス ] [ ほのぼの ] [ ダーク ] [ 敵側 ] 
DQ8キャラ
[ ドルマゲス ] 
DataNo:1657
登録日:2016/12/23(Fri) 19:01:53
更新日:2017/03/13(Mon) 21:36:21

Verlieren[別窓]

ある"もの"を探して旅する一人の女。自らが見た予知夢と占いに導かれ、ドルマゲスを探す一行に加わることになる。

マルチェロ寄りの夢小説です。

「クローディアといったか。お主は何かを探し求めてるのかね?」

ルイネロは、真剣な表情のままクローディアの方を向く。

「……その通りです。私はそのために旅をしています」

「そうか。……………………ならば、今見えた二人の旅人たちに会うことがあれば、共に旅をしてみたらどうだろうか。彼らもまた、手がかりのないものを探している。何か良い影響を与えあえるやもしれぬ」

「……その旅人とは?」
No.458 Syoukei  サイトへ
形式
[ 連載中 ] [ 夢小説 ] [ 3人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ シリアス ] [ 哀しい ] [ ダーク ] [ 敵側 ] 
DQ8キャラ
[ マルチェロ ] 
DQ8カップリング
[ 主人公×ミーティア ] [ ゼシカ×ククール ] [ ヤンガス×ゲルダ ] 
キーワード
[ ドラクエ8 夢小説 原作沿い マルチェロ シリアス ]
DataNo:1633
登録日:2016/08/13(Sat) 09:14:13
更新日:2017/03/11(Sat) 11:07:22

1 2 3 4 5 6 7 8 9  

TOPMemberSearchTool

EventMapMailLinkTopics


Powered by AmigoDatabase
DQ Novel Union (dqnovel@yoake.org) WebMaster:MikihisaAsaki

DragonQuestは、SQUARE ENIXの商品です。当サイトは、上記会社とは一切関係ありません。

Counter