データ詳細




No. 413 コミス(シャルル)

DQロトシリーズ+5+9二次創作。勇ロラ、サマムン、勇僧、主ビアなどのNL、ロレサマのBLを取り扱っています。

サイト
まいぺーす。こだわる?
メインジャンル
イラスト、SS、語り
登録日時
2013/08/29(Thu) 22:56:19

【1勇者ヴァレンの10の話】[別窓]

ハルカとは違った1勇者の冒険にまつわる10のSS集。ローラ姫を連れたまま旅をしています。

私は生まれた時からつい最近までの記憶がほとんど無い。
どこで生まれたのか、そもそもこの世界の住人なのかさえ分からない。
とは言え、生きていく上での知識は埋め込まれていたので、動くのには苦労しなかった。
形式
[ Blog ] [ 1人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] 
DQ1キャラ
[ 1勇者 ] [ ローラ姫 ] 
DQ1カップリング
[ 勇者×ローラ ] 
キーワード
[ 1勇者 ローラ姫 短編集 ]
DataNo:1510
登録日:2014/07/03(Thu) 00:43:36
更新日:2014/07/03(Thu) 00:43:36

DQ2 黄金の風[別窓]

また違ったDQ世界の小説。
サマルトリア王子×ムーンブルク王女中心の短編。
DQ1勇者とローラも登場してます。

デンジ王子はカイン王子とプリン王女の2人の仲を応援してくれるのは僕とローラとしても嬉しいが、それがよく暴走するのだ。「もっとくっつけ!」や、「けしからん!もっとラブラブしろ!」と叫ぶ。
「ちょっと待てよデンジ王子。プリン王女は寝込んでいるんだぞ?もっと落ち着けないのか、お前」
僕はデンジ王子の服の裾を引っ張りながら、横目で睨む。
形式
[ Blog ] [ 1人称 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 恋愛 ] [ ほのぼの ] 
DQ1キャラ
[ 1勇者 ] [ ローラ姫 ] 
DQ2キャラ
[ ローレシア ] [ サマルトリア ] [ ムーンブルク ] 
DQ2カップリング
[ サマルトリア×ムーンブルク ] 
キーワード
[ サマムン サマルトリア王子 ムーンブルク王女 1勇者 ローラ姫 ]
DataNo:1460
登録日:2013/11/20(Wed) 23:52:26
更新日:2013/11/20(Wed) 23:52:26

ハルカ・クロニクル[別窓]

勇者ハルカによるローラ姫を救出し、竜王を倒すまでの冒険譚。原作の流れには乗りつつ、オリジナル要素も多いです。
なお、Pixiv掲載のため、この作品を読むためには、Pixivアカウントが必要となります。

ところが、その予感は外れた。
「おい、ハルカ、こっちへ来い」
突然、ハルカは戦士団のものではなく、城の兵士によってとある部屋に連れて行かれた。
「僕は、何か悪いことでもしたのでしょうか?」
「……それだったら牢屋行きだ。お前に特別な命令が下されたのだ」
「特別な命令?」
形式
[ 完結 ] 
備考
[ オリジナル多し ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] 
DQ1キャラ
[ 1勇者 ] [ ローラ姫 ] [ 竜王 ] 
DQ1カップリング
[ 勇者×ローラ ] 
キーワード
[ 1勇者 ローラ姫 勇者×ローラ姫 オリジナル要素あり ]
DataNo:1454
登録日:2013/09/15(Sun) 23:13:26
更新日:2013/09/15(Sun) 23:13:26

「レプリカのアイテム、本物の心」[別窓]

DQ3男勇者×女僧侶のSS。僧侶に水の羽衣が装備できないのが納得いかないと思ったのがきっかけのSSです。

プラチナが防具屋の品を見てため息をついていた。
「どうしたの?」
「水の羽衣、素敵ですよね。でも、私、僧侶は装備出来ないのです……着てみたいのに…」
プラチナはじっと水の羽衣を見つめていたのだ。確かに、水のような綺麗な淡い青色の衣。僧侶が着ることが出来てもおかしくはないのに、何故か装備できない。僕は正直そこのところが納得いかない。
形式
[ Blog ] 
作品傾向
[ ほのぼの ] 
DQ3キャラ
[ 勇者・男 ] [ 僧侶・女 ] [ 武闘家・女 ] [ 賢者・男 ] 
DQ3カップリング
[ 勇者×僧侶 ] 
キーワード
[ 男勇者 女僧侶 男勇者×女僧侶 ]
DataNo:1453
登録日:2013/09/09(Mon) 22:41:48
更新日:2013/09/09(Mon) 22:41:48

ハルカ・クロニクル 番外編SS[別窓]

Pixivという所に掲載されている、DQ1連載小説の番外編です。連載小説部分は読まなくても問題ないと思います。
DQ1勇者ハルカとローラ姫のちょっとしたお話。

「ローラ姫、今夜は野宿となりそうですが……大丈夫ですか?」
ラダトームへの帰り道、僕は竜王軍から助け出した、愛しいローラ姫に声をかけた。
ローラ姫は城で何不自由なく育っているだろうから、こういう野宿なんていうものは全く慣れていないに違いない。
「ええ。ハルカ様と一緒なら」
ローラ姫は嫌な顔全くせずに、愛らしい微笑を浮かべる。
形式
[ Blog ] [ 1人称 ] 
作品傾向
[ 冒険譚 ] [ 恋愛 ] [ ほのぼの ] 
DQ1キャラ
[ 1勇者 ] [ ローラ姫 ] 
DQ1カップリング
[ 勇者×ローラ ] 
キーワード
[ 1勇者 ローラ姫 勇者×ローラ姫 ]
DataNo:1450
登録日:2013/08/31(Sat) 00:26:17
更新日:2013/08/31(Sat) 00:26:17

TOPMemberSearchTool

EventMapMailLinkTopics


Powered by AmigoDatabase
DQ Novel Union (dqnovel@yoake.org) WebMaster:MikihisaAsaki

DragonQuestは、SQUARE ENIXの商品です。当サイトは、上記会社とは一切関係ありません。

Counter